抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

福岡のある大学の学長さんがフィリピン英語留学について取材しに来た

 

 

*批判をしている訳ではありません(実質批判になってしまっているかもしれませんが)。単純に私の感想です。文章で読んでみると批判している様に感じますすみません。

 

こんにちは。Sluggerです。本当は本日はブログを書く予定はなかったのですが少し気になった事があったので記録に残そうと思います。本日、福岡のある大学の学長さんが取材に来ました。フィリピンの英語留学、特にバギオの英語留学について取材したい事があるので来たとの事でした。ゆくゆくは学長さんの学校からバギオの僕の学校に生徒を送って英語留学をさせたいと考えているとの事でした。僕の学校はカレッジもあって学士を取得する事ができます。そこに編入させる為に実態を調べに来たとの事でした。

 

■学長さんの息子さんの話

学長さんの話を聞いている途中で息子さんの話になりました。彼は現在息子を無理矢理アメリカの大学に留学させているらしいです。学長さん曰く「今後はグローバル化が更に進み、日本も人口が少なくなって英語は必須になってくる。誰が何と言おうと海外に行って経験を積まないと今後は生き残っていけない、だから息子をアメリカに行かせたんだ」との事(バギオじゃないんかいw)。確かに今後の事を考えると海外進出や英語は必須になってくると思います。反対しているのではなくて、僕ももし自分に子供が出来たらそうやって海外にバンバン行ってほしいと思います。但し、「そこに息子さんの意思は反映されていたのでしょうか?」と思ってしまいました。学長さんは「嫌がっていたけど無理やり行かせた」見たいな事を言っており、少しびっくりしました。

 

■子育ての正解って何だろう

学長さんがそんな話をしている時に子育てについて考えてました。私は子供の教育をした経験が無いので意見をする権利なんて無いのは分かっています。大学の教員免許取得の際の教育実習程度しかありません。ですが、なんか違和感を感じました。というか少し悲しくなってしまいました(なぜw)。最近、既存さんと「子供が出来たらどうやって育てたい?」という話題になります。正直、私は子供が苦手だし嫌いです。だから子供を育てる権利なんてないと思います。いつかは欲しいと思っていますが育てられる自信がありません。僕の学校にはジュニアコースもあり、子供の頃から僕のいる環境で英語を勉強する事ができます。仲良くなった先生の一人に、昔ジュニアコースの子供で自殺者が出た話を聞きました。当時の話を詳しく聞いてみると、韓国人の両親が子供の将来の為に無理やり学校に連れてきたとの事でした。本人は望んでフィリピンに来なかったために授業態度も悪く先生たちも手こずっていたとの事でした。ある日、その子が飛び降り自殺をしたと先生に聞きました。学長さんの話を聞いた時にその話が蘇ってきて少し悲しくなったんだと思います。なんかすみません。ただ、子育ての正解って何でしょうかね?私は育てる権利が無いと思っているのでまだ考えられません。正直同年代の友人たちが子供を作っているのを聞いて「マジか」本当に大丈夫なの?って思ってしまってます。

 

■フィリピン英語留学(特にバギオ)事情について

フィリピン英語留学(特にバギオ)事情についても貴重な話を聞けました。フィリピン英語留学の始まりは韓国が最初との事。韓国ではサムスンやヒュンダイ、LGやSK等の財閥に入社する為には英語は必須との事。

f:id:Slugger:20171009231621j:plain

韓国のエリートは英語が話せて当たり前との事でした(日本でもそうかもしれませんが)。バギオの英語留学はそのエリート街道から外れた人の最後のチャンスの為に作られたとの事でした。就職戦線から落ちこぼれて、バギオで留学をして、英語を磨いてフィリピンの後にカナダかオーストラリアで数年社会人経験を積む。その後、中途採用でヒュンダイやサムスン、LGへの入社をさせる事を目的にバギオの英語学校はあるとの事でした。話を聞いていると「なるほど」と思いました。確かに韓国人で来ている人の年齢層は25前後が多い印象。もしくは19歳とかの就活前が多いです。殆どの子が親にお金を払って来てもらってます。羨ましい。。。

 

■全然取材されなかった(ここは対して気にならなかったのですが)

僕自身は学長さんから色々な話を聞けて勉強になったので良かったのですが学長さんの過去の経験談(自慢話)ばかりをされ、殆ど質問されませんでした。学校の雰囲気や、設備等の環境面、先生との授業の感じ等を聞きに来たと思ったのですが全然聞かれませんでした。事前にエージェントや学生マネージャーに情報を聞いたのかもしれませんが。本音を聞きたいのであれば学生マネージャーに席を外してもらう等をすれば良かったのではと思いました。ま、全然気にしてませんが(こうやって書いている時点で気にしてる)

 

■こんな自分でもいつか子供ができるかもしれない

私自身、自分には自信がありません。そんな自分でもいつかは子供ができるかもしれない。そんな時にどうやって子供を育てれば良いのだろうか今まで考えたこともありませんでした。私の子供が私を見た時に「父さんみたいになりたい」と思える父さんになりたい。そのためには自分自身が自分を誇れるようになりたい。もっと自分を磨いて自信を持とうと思いました。

 

 

まとまりの無い文章で申し訳ございません。今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

人気ブログランキングを始めました。もしよろしければ下記の国旗のクリックをお願いいたします。