抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

福岡美人を求めてナンパ遠征してきた 最終日

こんにちは。Sluggerです。

最近は仕事の方に集中してしまい、全くナンパしてません。(出来てないだけww)
クラブにも行ってません。(ビビってるだけww)


少し、仕事の話になりますが、異動で場所が変わりました。
新しく赴任した場所では様々な経験をさせてもらってます。

上司にどうして今の場所に配属さしたか聞いてみた所、
「どんなストレスにも耐えられそうなメンタル」
「お前ポンコツだからストレスなんて感じないだろ?」
との事(arataさんww)


上司からの期待されている事は
「今の職場をぶっ壊してこい」との事ww
絶対に変えよう、やり切りたいと感じてます。

だから、正直新しい職場でめちゃくちゃ孤独ですww
温度差半端ないですww
少しでも失敗をしたら上げ足を取られてしまいます。
ポンコツの僕は背伸びしまくりですww

半年後、是非皆さんともう一度ナンパしたり、飲みに行ったり、クラブにも行ったりしたいです!!
ひょっとしたらたまにM駅に出ることもあると思うのでその時は是非皆さんと合流させて頂けたら嬉しいです!!

 

と言う事で福岡遠征の最終日です!!

 

slugger.hatenablog.com

 

slugger.hatenablog.com

 

slugger.hatenablog.com

 

福岡遠征初日、2日目と坊主になったSlugger

2日目は福岡のナンパ師の方々と飲み会→クラブ→坊主と言う結果となりました。


昼12時頃、ホテルのロビーからの電話で起こされる。

f:id:Slugger:20150619053251j:plain

チェックアウトの時間は12時との事。
12時30まで待って欲しいとお願いした所、大丈夫との事だった。

急いでシャワーを浴び、着替えを行いチェックアウトをした。

 

本日は福岡遠征最終日。

何が何でもゲットしたい。
このままでは終われない。

本日は最終日の為、Sluggerはキャリーケースを引いていた。
ひょっとしたらこのまま声を掛ければ行けるかもしれない。。。

そう思い初日、2日目と声を掛けていた岩田屋付近で声掛けを行う為に辺りをみる。

 

f:id:Slugger:20080501172352j:plain


1人目
金髪ショートで可愛い感じの女の子
僕よりは年下そう。厚底の靴を履いている。
STUSSYの袋を持っている。少し変わった服装。

どんな感じで声掛けをしようかと考えながら後ろから追い抜く。

すると、女の子が「こてっ」と少しこけそうになる。
きた。

Slugger「ちょwwだいじょぶすかww」
女の子「はいww」
Slugger「こんなへいたんな道でこけそうになる人初めて見ましたよ」
女の子「ちょww恥ずかしいですww」
Slugger「あそこ、なんか、こけそうになるものありましたっけ?」(こけそうになった場所を見直す)
女の子「やめてくださいよww恥ずかしいですww」
Slugger「お姉さん、面白いですねwwなかなかいないタイプですww」
女の子「ww」
Slugger「ちなみに、今からどこ行くところだったんですか?」
女の子「買い物終わったんで別の所にいこっかなーって」
Slugger「そうだったんすね。STUSSYの袋持ってますしねww」
女の子「はいww」
Slugger「STUSSYの袋持ってる女の子、初めて会いましたわ」
女の子「ww」

Slugger「この辺で昼ご飯食べれる所知ってます?」
女の子「ん~正直、私もよくわからないんですww」
Slugger「え?どっから来たの?」
女の子「博多です」
Slugger「近くない?ww」
女の子「学校が忙しくてあまりであるかないんです。」
Slugger「そーなんすね。じゃ、そこかな?そこでいい?」ミスドを指さす
女の子「え?」
Slugger「ちょっと疲れたし、おなかへったから付き合ってよ」
女の子「え~」
Slugger「嫌ならいいけど。」
女の子「そんなことないです。ま、ちょっとだけだし行きますか」


~~~~ミスド~~~~

f:id:Slugger:20150725022722j:plain

Slugger「で、あんた誰?ww」
女の子「ひどーいww」

で、軽くお互いの自己紹介をする。
女の子は音響関係の専門学生。現在19歳。
クラブでもDJを時々しているとの事。(まじか)
将来は音響関係の仕事につきたいと思っているが就職口は限られていて大変との事だった。
ex結婚式場やクラブ。。。

普段、友達と映画館やライブに行っても全く内容が入ってこないとの事で
「今の音、どうやって出しているんだろう」
とか
「今の歌手のマイクはOO←メーカー名だったね」
とか
「このバンドはOOのスピーカーだ!!」
とかばかりで職業病になっているww

彼氏は2か月前に別れた。彼氏がナヨナヨしていて女々しかったとの事。
(ここでSluggerが「女々しくて」を歌ったら引かれた事は黙っとく)

現在は彼氏もなし、セフレもなし。付き合っていない相手とのワンナイトもなし。
金髪で服装も少しチャラそうな服装をしているせいか、
周りの人に「チャらい」と勝手に見られているのが凄く嫌との事。(ぐぬぬ)

同じ専門学校に通う友達も服装や髪形、髪色は様々。チャらい人は殆どおらずに学業に専念しているとの事。


最初は食い付きは感じていたものの、話していくと徐々に食いつきが下がっていった。
タイプ落ちで連れ出したのに連れ出し先で食いつきを下げるショボ腕ww

カラオケの話をした際に
Slugger「何か、お前と話してたら完全にカラオケの気分だわ。カラオケいこww」
女の子「え?やだww」

終わった。
この後、買い物をするとの事だったのでラインだけして終了。

結構可愛かった
(普段、こんなかわいい子連れ出したこと無かったので緊張していたと思う)
だから、普段通りの自分でいれなかったこともダメだった原因の一つかと。

 


残り時間は少ない。
次に行かないと。

 

 

天神地下街で声掛けをしてみようと思い、地下街へ(キャリーバック持った状態でww)

f:id:Slugger:20150619151008j:plain

f:id:Slugger:20150619165042j:plain

 

2人目
ちょっと歩くのが遅いロリ系の子を見つけて声掛け
Slugger「すいません」
ロリ子「え?」
Slugger「この辺でロッカーとかってありますかね~」
ロリ子「う~ん」
Slugger「ですよねwwですよねwwわかんないっすよねww」
Slugger「このキャリーバック入れたいなぁーって思って。」
ロリ子「そうなんですね」
Slugger「そうなんすよ。実は昨日から福岡に旅行に来てて、今日帰っちゃうんですよ~」
ロリ子「あ、そうなんですね。どこから?」
Slugger「愛知です」
ロリ子「へぇ~。でもなんで」
Slugger「博多美人に会いにwwってのは嘘でただの観光でww」
ロリ子「ww」
Slugger「なんか、お洒落なヘアピンしてますねwwブランドは、なにビトン何ですかww?」
ロリ子「え?全然安いですよwwこれww」(またしてもボケを拾われなかった。。。)
Slugger「まじすか?ww」
ロリ子「はい。300円ですww」
Slugger「300円wwめっちゃお得な買い物ですねww」
ロリ子「今日、全然手抜きの服装なんです!!恥ずかしいww」
Slugger「そうなんですねwwめ、め、めっちゃおしゃれですよ(わざとらしく)」
ロリ子「それ、思ってないやつww」
Slugger「とりあえず、飛行機の時間まで少し暇なんであそこ行きません?(カフェを指さす)」
ロリ子「え~ww」
Slugger「カラオケと、カフェどっちがいい?」
ロリ子「カフェでww」

f:id:Slugger:20150619170059j:plain


~~~~~カフェ~~~~~

f:id:Slugger:20150619152230j:plain

Slugger「んで、あなた誰?ww」
ロリ子「ちょっとww」

お互い自己紹介
ロリ子は西N大学に通う就活生
信販売の会社を希望している。
バイトはモOバーガーで働いているとの事。

彼氏は今までに2人。
現在は彼氏はおらず、4か月彼氏はいないとの事。
前の彼氏の時に「家デート」ばかりで辛かったとの事だった。

その他、この子は自分に自信を持っていない子だった。
また、会話をしている際に気を使って自分から相手(僕)に質問をしていた。

今まで、僕は連れ出した子と話している際、相手にあまり質問をされたことが無かったので話しやすかった。
(どんだけ食いつき悪いんだよww)

Sluggerが女の子をいじって女の子が「もぉ~」みたいな感じになる。
やり取りが楽しい。

Slugger「俺、お前と話していて楽しい。お前は?」
ロリ子「楽しいww」
Slugger「なんか、相性良くない?」
ロリ子「うんww」

そこからカラオケの話をした。

Slugger「お前と話してたら完全にカラオケの気分だわ。カラオケいこ」
ロリ子「それは嫌ですww」
Slugger「え?ww」
ロリ子「いやww」
Slugger「分かった。じゃ、俺そろそろ時間だから行くね。」
ロリ子「はい。」
ロリ子はバスで天神まで来ていたのでバス停まで送る。


バスが来る。

Slugger「ちょっと!!そういえば番号聴き忘れたww」
ロリ子「ほんとですよ!!聞いてこないから遊びだったのかなぁって思ったしww」
Slugger「wwここに番号打ってww」
ロリ子に番号を打ってもらう。


またしてもカラオケグダ。。。

すぐに、地下街へ戻った。
もう、飛行機まで時間がない。

弾丸即くらいしか無理だけど自分にはそんなスキルはない。。。

とりあえず声掛け。

3人目
天神駅の近くの柱付近でゆっくり歩いている子
口臭が少ししたので口臭子

Slugger「すいませ~ん」
口臭子「??」
Slugger「福岡空港って天神駅からでもいけますよね?」
口臭子「はい。行けますよ(にっこり)」

近くで見ると思ったほど可愛くなかった。
損切りしてすぐに次に行こうと思った。

Slugger「そうなんですね。ありがとうございます(ニッコリ)」
口臭子「あ、お兄さん。空港方面に行くんですよね?私も今から行くので一緒に行きませんか?」

おいおいおいおいww


Slugger「あ、あ、あ、はいww」

まだ、ストる時間があったのに口臭子のご厚意を無視できない。(即系)
一緒に天神から福岡空港に行くことに。


口臭子
O分のO分銀行に勤める24歳。
彼氏はあり。電車でつり革を持った時の脇が綺麗だった(最低)
口臭少しあり(多分、長い間飲み物を飲んでいないんだろう)

口臭子は買い物の帰りだったとの事だった。
両親が福岡空港で仕事をしているので合流してから夜ご飯を食べるとの事だった。

彼氏はいるがなぜか食いつきがある。
ラインを交換してばいばいした。

 

福岡空港に到着。
大分時間がある。椅子に座って、ブログを書くためにメモを残す。
イカスイさんの空港ナンパを思い出し、空港で声掛けをする。

1声掛目
Slugger「すいません。第一ゲートってどこかわかります?」
お姉さん「無言で指をさす」
Slugger「あ、ありがとうございますww」

辛いww

2声掛け目
Slugger「お姉さん。第一ゲートってわかりますか?」
お姉さん「え?分かりませーん。スタスタ。。。」

視線辛いww

 

その後、心が折れて諦めるww

 

福岡空港から飛行機に乗る際鞄の中身検査を受ける時にあるものが無い事に気付く

 

財布がねぇよ。。。

 

え?え?財布が無いよ!!

SA・I・HU!!

さ・い・ふ!!


急いで福岡空港の中で空港の落し物係に電話をする。
(空港内にいるのに空港に電話をするww)

まだ、落し物として来ていないとの事。


財布を探すor名古屋に戻る


仕事もあるので名古屋に帰ることを選んだ。

 


タイの旅行では事前に予約していたアユタヤのツアーを寝坊ですっぽかしたり
オーダーメイドスーツの詐欺にあい、帰りの飛行機も寝坊ですっぽかしたりww

福岡では財布を落とすww


ポンコツ過ぎだろww

 

この事をツイートしたら、福岡のナンパ師のマイコーさんや焼肉さんが凄い心配してくださいました。
マイコーさんは改めて福岡の空港に確認して下さったり、焼肉さんはお金を貸してくれるとか言って下さったり、、、
本当に福岡の方々は良い人ばかりです。
改めて思いました。

 

また、帰りの飛行機が良かったです。

スターフライヤー」と言う会社です。

サービスや乗り心地も良かったですが、全体的に良かったです。

 

例えば、飛行機に乗った際、最初にある、非常時の対応説明の時間。

(空気入れて膨らませたり、滑り台は手を上げながらとかのやつ)

その説明の時にジャズを流しながら説明するんですよww

お洒落ww

 

その他、機内は基本的に黒で統一され、高級感があります。

f:id:Slugger:20150619191120j:plain

また、TV等も見れます。

f:id:Slugger:20150619195006j:plain

USBコンセントもあります。

f:id:Slugger:20150619195105j:plain

 

お洒落ww

f:id:Slugger:20150619192628j:plain

値段も確かJALよりも安かった気がします。

今後、時間がある時はスターフライヤーを使用しますwwおススメですww

 

 

また、数週間後、福岡の警察から財布が見つかったとの電話が来ました。

まだ、連絡が繋がっていたロリ子と口臭子に連絡。

 

ロリ子が取りに行ってくれることにww

f:id:Slugger:20150725023323j:plain

 

f:id:Slugger:20150725023402j:plain

 

福岡遠征。楽しかったですww

 

絶対にリベンジします。

今後ともSluggerを宜しくお願い致します(^v^)