抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

女の子に演じるって難しい

こんにちは。

 

 

先日、ジョージと話をした際に感じた事やアポの際に感じた事をがあったので書きます。

 

 

 

 

先日ジョージとゲットまでの持って行き方について話していた際の事。

 

 

 

僕は基本的に「色」を使う。←最低ww

 

 

付き合おうとか、好きだよとか、愛してるとかは絶対に言わないけど

簡単に言うと「あなたの事が良いと思った。もっと知りたいから抱きたい」と言う事を伝える。

 

 

グダられた場合はそのグダの理由を一つづつ崩して「まあまあ」みたいな感じで持っていく。

 

 

 

だが、ジョージは違うとの事。

グダられた際に「離れる」との事。

グダが起きた際「ちょっとタバコ吸ってくる」みたいな感じでめちゃくちゃ冷めた態度をとるとの事。

その後、ベットに戻っても冷めたままで携帯をいじったりしているとの事。

その後、女の子が「ねえねえ。怒ってるの?」みたいな感じで逆に食い付いて来るとの事。

アサペンさんの「雰囲気ぶち壊し」に少し似ているみたいだった。

 

 

その内容を聞いた僕は

「そんな事怖くてできないよ。」

「相手に嫌われそうで。。。」

と思った。

 

 

ジョージは失う覚悟を持っている。

ストの際に、番ゲ出来そうな子でも

「どうせお前俺に連絡するつもりないでしょ?連絡するつもりなかったら番号教えなくてもいいから。」

 

みたいな事を話すとの事。

 

 

 

 

何たる余裕( ;∀;)

 

 

 

 

僕なんて土下座してでも

 

「番号おなしゃす!!」

 

みたいな感じで聞いてるのに。。。。

 

 

これがショボ腕と凄腕の違いなのか。。。と感じた。

 

 

 

 

 

先日、ネトナンアポがあったので実践してみた。

 

 

お昼にランチをした後に

Slugger 「この後どうする?」

 

女の子 「ん~」

 

Slugger 「じゃあ俺が決めていい?」

 

女の子 「うん。」

 

 

お店を出た後に

 

Slugger 「今日夕方まで空いてるって言ったよね?俺はOOちゃんと一緒にいたい。」

 

女の子 「うん。」

 

Slugger 「だから、あそこのホテルに行きたい。」

 

女の子 「えww」

 

Slugger 「えwwいや?」

 

女の子 「嫌です。ってかそんなつもりじゃないし」

 

Slugger 「なんか、ホテルに行く=やるみたいなイメージ持ってない?」

 

女の子 「はい。」

 

Slugger 「確かにね。手とかは出すかもしれない。ってか出すよ。でも、OOが嫌がるようなことはしないよ。今まで無理やりやってきて後悔してるし。そんなんでやりたくない。」

 

女の子 「えー嫌だ。私そんなんじゃないし。」

 

 

 

話の流れや展開が急すぎるww

こんなんじゃ女の子ついてこねぇよww

そもそも、どうやってホテルにもっていくんだよww

 

 

だってアポの前日に電話した時に

 

「明日はちゃんと勝負下着でこいよ!!」

 

って言ったんですよ!!

勝てると思うじゃん。。。(+_+)

 

 

 

 

ホテル以外ならOKと言う事で満喫に行くことに。

 

 

Sluggerは満喫でゲットしたことがない。

 

 

 

緊張しながら満喫に入る。

お互いヒソヒソ話で話す。

 

 

顔が近づく。

 

キス。

 

Slugger 「キスしちゃったね( *´艸`)」

 

女の子 「もうww」

 

Slugger 「じゃあもっとしよう」

 

女の子 「いやww」

 

Slugger 「俺とキスするの嫌こういうイチャイチャした感じいや?」

 

女の子 「嫌じゃないけど。。。」

 

そこからDK。

 

DKからの乳。。。

 

グダ。

 

もう一度仕切りなおしてDKからの乳。

 

 

その後下に移る。

 

 

 

鬼グダ。

 

 

何度やっても鬼グダが続く。

空気が悪そうになった。

 

 

ここでジョージのクロージングを使う時が来た!!

 

 

女の子 「嫌だ。ほんとに辞めて!!」

 

Slugger 「分かった。ってかちょっとトイレ行ってくる。」

 

女の子 「うん。」

 

トイレから戻ってきた僕は一切話すことなく女の子に背を向け寝たふりや携帯いじりをする。

冷めた態度とる。

 

 

 

さあ食い付いて来い!!

来ないw

 

 

 

女の子の方を見てみると何やら携帯を見ている。

 

 

 

女の子の携帯画面にはなんと

 

 

 

 

ツムツムww

 

 

 

思わず笑ってしまうSlugger。

 

 

 

Slugger 「何でツムツムなの?」

 

女の子 「あ、ごめん」

 

Slugger 「俺がトイレから変えてきて変なの気付かなかった?」←女かww

 

女の子 「気付いたけど、どうしよう。。。と思ってさ。とりあえずツムツムやろっかな。みたいな。」

 

 

 

おいww

 

 

 

それじゃあ本来の模範解答を教えてあげるよ。

 

 

 

と言い、ジョージルーティーンを伝えた。

 

 

Sluuger 「女の子はこうこうやって怒ってる?って聞くんだ!!分かったかww」

 

女の子 「えーww私にはできないよww」

 

Slugger 「じゃあ練習してみようww」

 

 

ここからはノーグダww

 

 

 

なんじゃこりゃww

 

 

 

難しい。。。