抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

声掛けからSEXまで持っていく順番の大切さについて

こんにちは。

 

年末年始も働いてました(^O^)

 

やっぱりナンパしたりとかクラブに行きたい。

遊んでる時はめちゃくちゃ楽しい。

 

 

だけど、仕事の方を大切にしたいと思っております。

 

僕は凄腕の皆さんみたいにナンパも仕事も両方は集中できない。

 

 

前職の時にナンパをちょっとストイックにやっている時があったんですけど、

仕事に寝坊してしまったり、仕事中に寝たりしてしまってましたww

 

 

つらたんでしたww

 

 

完全に社会人失格ww

 

 

 

やっぱりナンパは趣味です!

 

 

ただ、、、、本気の趣味!!

 

 

 

 

ナンパをしていて思ったけど、やっぱり仕事って大切だなぁと。

 

 

仕事を通して学べることって沢山あります。

 

物事の優先順位の付け方とか、要領よく考える大切さとか、周りの人への気配りとか。。。

 上手く表現できないけど仕事もちゃんとできないのにナンパをしても今の自分では良い女の子は抱けないと思ってしまった。(僕の場合ですけどね)

 

 

もし、抱けたとしても長期的な関係は難しいと感じてしまいました。

 

 

理由としては、女の子の立場に立った時に、

「もっとSluggerといたい。Sluggerといて私にメリットがありそう」

と思ってもらえない。と感じたからです。

 

 

 

 

つまり、魅力がないという事なのかな?(´・ω・`)

 

 

 

 

 

だって僕が女の子なら僕に抱かれるよりも凄腕の方々に抱かれた方が楽しいと思うし

今後も一緒にいたいと思うもん。

 

  

例えばBabyさんとかYさんとかasapenさんとかクラトロさんとかとかとかえっちゅうさんとかキャリーさんとか。。。書けばきりがないのでやめときますww

その他僕なんかに抱かれるよりももっと抱かれるべき魅力的な方々は沢山います。

↑なんだこれww

 

 

 

 

僕は最終的には魅力的な女の子と付き合いたいです。

Twitterでいうと二宮ゆみさんとかLadyさんみたいな女性かな?

↑会った事ないけどww

 

 

 

 

この世界にきて良かった事の一つは自分のショボさに気付けたことです。

 

 

 

 

だから、仕事をめちゃくちゃ頑張ってまずはいろんな意味でデキる人間になる。

 

 

ナンパは本気の趣味!

 

 

 

ただ、常にできる状態にしておきたい。

「声を掛けれない」のではなく「声を掛けない」

状態にする。

 

 

 

 

夏に転職をしてから殆どストやクラブは行っておりませんでした。

 

 

通勤の際に、かわいい子を見つけると声を掛けたいんだけど地蔵してしまう。

緊張してしまう。

これを直さないと。。。と言う事で今後もMの皆さん時々合流をお願いします!(他力本願ww)

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今更だけどこの前の忘年会の事について感じたことを書きます。

 

 

12月の下旬に久しぶりにナンパ師の皆さんとの飲み会に参加させてもらいました。

 

 

参加していたメンバーは。。。。。

 

 

 

 

正直多すぎて覚えきれませんでしたww

 

 

 

スト師、クラナン師含め、30人くらいはいたんじゃないかなぁ。

 

 

味噌の街ってこんなにナンパいたの?ww

 

 

僕の勝手なイメージだけどクラナン師の皆さんはイケメンなイメージが多かったです。正直羨ましい方ばかりでした。イケメンバルス

 

 

 

久々に会う方々もおり、とても楽しかったです。

 

 

 幹事をしてくれたジョージありがとう!!

こんな人数を集められるなんてあなたすごいわ!!!

 

 

 

今回の忘年会にSluggerは仕事で急な残業が入ってしまったので遅刻してしいました。

 

 

 

居酒屋に入ったときは既にみんな出来上がっている状態でしたww

 

 

 

折角の飲み会なので遅刻して申し訳ない気持ちがありましたのでクリスマスも近いという事で皆で分けられるようにケーキを買って行きました。

 

 

 

なのに、、、

 

 

 

 

太郎さん  「Sluggerそれフリだよね?」

 

 

 

と、謎の事を言われ、いしおさんから人生初顔面ケーキを受けました。

 

 

 

f:id:Slugger:20150108170738j:plain

 

 

僕、 次の日も仕事ですよ?ww

 

 

うむ。

 

 

 

しかも、顔面ケーキをされた時に、皆全然見ていないというww

 

 

遅れてきたやつが端っこでケーキをぶつけられただけww

 

 

 

ただ、いしおさんとかちゃんと後始末してくれてたし、皆さん、掃除とかすごいしてくれてありがとうございました。

なんかすみませんでしたww

 

 

 

 

 

 

髪の毛は生クリームのおかげで良い感じでパリパリになったし、

 

顔からは甘い匂いがする。

 

 

 

行ける!!(即れる!!)

 

 

と言う事で忘年会の後はクラブ「プラチナム」へ行くことに。

 

 

f:id:Slugger:20131231233658j:plain

 

ラチナムは新装開店してから行ってなかったので、興味がありました。

 

 

箱としては特に殆ど今までと変わっておりませんでした。

 

 

 

 

ただ、半年ぶりのクラブはとても楽しかったです。

 

入場する際の

 

 

「っしゃー!!」

 

 

的なぞくぞくする感じ。←あほww

 

 

 

個人的にクラブと言うところは

「人間の汚い所というか、醜い所が出ている。汚い場所」ですww

 

それが僕的はすごい好き。

 

 

 

 

今までクラブに行った際、僕は女の子の言う事を殆ど信じてしまい、

嫌な気持ちや騙された気分になって

 

「なんだよ!信じて損したし!」

 

と思っていたのだけれど、

 

 

 

 

「ここは汚くて醜い場所なんだ。弱肉強食なんだ。ゲーム場なんだ!」

 

 

と言う風に捉えたら、逆に楽しみになってきました。ぞくぞくしてしまいました。

 

 

 

 

「この、汚い、醜い感じが好き。やり切りましょう!!」

 

 

コンビの相手はその日に初めて会わせて頂いたモージさんとコンビを組ませてもらいました。

 

モージさんは高身長でイケメンボーイ。

トークも上手いし、話をしている際にかわいい子はモージさんに食い付いてばかりで、正直つらたんでした。

 

 

前半は今までの溜めていた分、狂ったようにダサいスラダンスをしましたww

 

 

 

 

ある時、ソロの女の子がいたのでモージさんに許可を頂き声掛け。

 

 

 

滋賀県から来たので「滋賀子」 職業忘れた。 スト4

Slugger 「あれ?どしたの?一人?」

 

滋賀子 「友達と来たんだけどはぐれっちゃったんだ。。。」

 

Slugger 「大変だねwwこの中だと人とかも多いし探しつらいもんね。」

 

滋賀子 「うん。」

 

Slugger 「とりあえず。のもっか」

 

滋賀子 「うん。」

 

飲む。

 

お互いの自己開示をする。

 

 

出身。仕事。今日来た理由。etc。。。

 

2杯目を飲む際にSluggerが小銭入れの小銭を切らしてしまい滋賀子に少し払ってもらった。

 

滋賀子 「ちゃんと返してね!!」×10

↑10円単位のお金でめちゃくちゃ執念深いなと思いました。

会話中あまりにも言ってくるので

 

Sluuger 「うん。ロッカーに財布取りに行くからついてきてよ」

 

滋賀子 「うん。」

 

ロッカーまで移動している際僕の腕をつかむ滋賀子。

食い付きがあるかなぁと思ったがそれまでの会話で

「クラブにいる男はいや」グダがあったし、少し僕が萎えていた。

(勿論抱けたら抱きたい。)

 

 

ロッカーでお金を返し

「さぁいこう」とそのまま手を繋ごうとしたがめちゃくちゃ引かれる。

 

Sluuger 「え?なに?ww そんなに手を繋ぐのが嫌だった?」

 

滋賀子 「そんなつもりじゃないしww」

 

その後も会話を適当にして、食い付きも感じられない+少しでもギラを見せたら引かれたので未来はないと思い放流。

 

 

 

 

その後、一人でいるトナカイのコスプレを着た女の子に声掛け。

トナカイなのでトナ子とする。  スト3。5

 

声掛けは適当で覚えてないが

「トナカイ可愛いね」等の声掛けだったと思う。

 

会話から何となく食い付きを感じるが少し適当な感じというか、

元気のない感じがする。

 

Slugger 「なんかあったの?」

 

トナ子 「実は最近彼氏と別れたんだ。。。」

 

Slugger 「あら。。。大変だったんだね。」

 

トナ子 「うん。」

 

Sluuger 「だから、クラブに来て少しぱぁーっとしようと思ったんだ」

 

トナ子 「うん」

 

Sluuger 「どう?パーッとできて元カレの事忘れられた?」

 

トナ子 「ううん。。。Sluggerは忘れさせてくれるの?」

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

即系キターーーー!!

 

完全に行けるやつ!!

 

 

Slugger 「さぁーどどどどどうだろうねww」

↑行けると分かった途端緊張するww

 

 

トナ子がSluggerの腕にギュッとしてきたのでとりあえずホッペにチュー。

 

 

必殺アゴクイを試みるもトナ子の首が拒否するww

 

 

 

ホッペにチューや、首にチュー。頭なでなで。

肩ぎゅーなど女の子が喜びそうなことを沢山する。

 

 

 

Slugger 「俺のくちびる柔らかいオブザイヤー受賞してるんだww」

 

と言いながら、アゴクイならぬ頬っぺたグイでこっちを向かせバタフライキス。

 

トナ子 「柔らかい。。。。。。ただ元カレの方が柔らかい。。。」

 

 

 

 

 

なななんななんじゃい!!ww

 

 

 

 

 

その後も首にチュー等をした際に

 

 

トナ子 「もっと優しくできんの?」

 

 

等なぜかクレームを受ける羽目に。。。

 

 

Slugger雰囲気づくりやキス等の前戯が下手過ぎワロタww

 

 

その後

 

 

Slugger 「きょうはトナ子と一緒にいたいな。」

 

トナ子 「友達が。。。」

 

Sluuger 「友達たちも仲良さそうに男と話してるじゃん!!」

 

 

トナ子の友達たちは太郎さんとトラローさんたちと話していた。

 

 

トナ子 「うん。。。ただ、手は出さないで欲しいな」

 

Slugger 「それは約束できないな。だって一緒に寝たらトナ子可愛いし、少なくともチューとかはしちゃう。しかも僕が一緒にいたいって言ってるわけだから少し手は出しちゃうと思う。ただトナ子が嫌がるようなことはしないって約束するよ。」

 

トナ子 「うん。。。」

 

 

トナ子が友達たちに帰ると言い一緒に帰ることに。

 

トナ子はMで一人暮らし。

僕は明日も仕事なので職場からトナ子の家があまり離れていなくて助かった。

 

 

クラブを出て手を繋ぎながらタクシーに乗る。

 

 

トナ子 「さっきから思ってたんだけど、Slugger甘い匂いするよね。」

 

Sluuger 「じつはさ。今日会社の忘年会で顔面ケーキされたんだ。」

 

トナ子 「やばww」

 

Slugger 「なめてくれてもいいよww」

 

 

 

タクシーの中でトナ子の仕事等の話を聴く。

トナ子はTOYOTA関連のD社の営業マン。

英語もペラペラで大学も東京の6大のどれかとの事。

ただ、それをすごい自慢気味に言っていたのが少し嫌だった。

 

 

 

家に上がってトナ子が化粧を落とす。

スト値マイナス1。

 

 

 

僕の中で警戒されている子に意識している事は

イチャイチャしながら「もうしょうがないなぁー」

的な流れにもっていく事です。

 

①イチャイチャできる雰囲気を作る

②丁寧な攻め。

キス→キス→目を見て笑顔(女の子恥ずかしがる)

→DK(少し強引に)→女の子少し拒否しながら「うんっあっっ」てなる

→耳→etc。。。

 

的な感じで行っているのが多いかと。

 

昨年の年末にロマさん方々に教わった丁寧な攻めで学びました。

 

 

 

それを実践しよう。

 

 

 

あれ。寝てしまった。

 

 

そして、寝ぼけながら雑に責めている自分がいた。

 

あまり覚えていないのだけれど、

最初からトナ子のズボンに手を入れて手マ○をしようとしてしまっていた。

 

トナ子が怒る。

 

Sluggerは怒っているのかも良く分からないので寝ながら雑な攻めをする。

(トナ子がTバックを履いていたっぽいことは何となく覚えている。)

 

その後も何故かテマ○からしようとしている自分がいた。

 

既セクにも同じ様に雑にしてしまいキレられたことがあったので同じ間違いをしてしまった。

 

女の子からするとそりゃ怒るわな。

 

だって寝てる時に急に後ろからズボンに手を入れられるんですよ?

そりゃ嫌だわ。

 

 

 

 

朝、仕事の支度をしている際にトナ子がとても暗い顔ベットで体操座りで座っていた。

 

 

 

 

沈黙がずーっと続いていた。 

 

 

 

Slugger 「二日酔いとか大丈夫?」

 

 

トナ子 「うん。」

 

 

Slugger 「昨日今日はありがとね」

 

 

トナ子 「もう帰ってよ。」

 

 

Sluuger 「嫌な思いさせてごめん」

 

 

トナ子 「もう帰ってってば!!」

 

 

Slugger 「分かった。ありがとう。」

 

 

 

 こんな思いはしたくない。

女の子に嫌な思いもさせたくない。

 

 

今回。改めて丁寧に行くことの大切さを学びました。

 

 

 

 

出社して髪の毛(前髪だけ)がパリパリな事、

シャツにケーキの汚れが沢山ついていたこと、

甘い匂いがする事で上司に叱られました。

 

 

でも、なんだかんだでたのしかったなぁ。。。

 

また、ぜひ皆さんとナンパとかしたいです。

 

 

今年は仕事も遊びも恋愛にも「狂」をテーマに頑張ります!!

 

2015年もよろしくお願いいたします(^O^)/