抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

東北から出てきた女の子とアポ

こんにちはスラッガーです。

 

転職してからなかなか休みがなく、クラブにもストにも行けておりません。

 

 

そんな中、8月の仕事終わりにM駅にて声掛けした際に番ゲした女の子とアポをしてきました。

 

 

 

 

東北出身なので東北子  スト3

実家はS台、車のディーラーをしている

T橋に住んでいる

彼氏とは先月に分かれたとの事

 

 

 

【番ゲ時の状況】

相手は真っ黒のスーツを着ており、いかにも「新卒です」感が出ていた。

 

スラッガー 「すいません」

 

東北子   「え?」

 

スラッガー 「急に声かけちゃってすいません。普通にタイプだったんで声をかけちゃいましたww」

 

東北子 「は、はあ」

 

スラッガー 「今ね、仕事終わりでたまたまここを通ったんですよ。そしたらお姉さんを見つけて、声を掛けないと後悔するって思って。」

 

東北子 「はい。」

 

スラッガー 「今は仕事終わりとかですか?」

 

東北子 「はい。」

 

スラッガー 「そうだったんですね。ひょっとして新卒とか?」

 

東北子 「え、何でわかるの?」

 

スラッガー 「いかにも新卒です!みたいな服装だったから」

 

東北子 「あーやっぱりそう見えるんですね」

 

スラッガー 「んだ。そうですよ」

 

東北子 「え?どこの出身ですか?」

 

スラッガー 「高校はOOで大学はOOに住んでたよー」

 

東北子 「えー近いーw」

 

と言う事で以外に意気投合し番げ。

 

その後、1日1通位のやり取りをしており、アポが決まった。

 

 

 

 

 

【アポ時の状況】

集合時刻は夜10時(遅いww)

相手は車で来る

スラッガーはホテルを予約済

車で来ると聞いたのでホテルの駐車場も予約済ww

 

お店は栄の「ざぶん」を使用


ざぶん/グルメ・クーポンのホットペッパー

 

 

 

 

 

 

 

・簡単な流れ

合流→ホテルの駐車場に駐車してもらう→ざぶん→ホテルでざぶんww

 

 

みたいな流れを考えておりました。

 

 

 

 

 

当日

スラッガーの仕事が遅くなってしまったので約15分遅刻してしまった。

東北子はやや不機嫌。

 

 

それに、久しぶりに会ったからか、番げした時よりも可愛くない感じがした。

 

 

 

ざぶんまで行き、ご飯を食べながら話をするが全く刺さらない。

 

 

 

「前の彼氏の話とか教えてよ」と言っても

「言いたくない」

 

と言ったりする始末。

 

 

SOXのハードルを下げたりする会話も一切せずご飯は終了。

殆どお互いの仕事の会話をして終わった。

 

 

お店を出た際に

 

スラッガーの予約してあるホテルに行くことになるけれども、殆ど食い付きはない。

 

 

 

ホテルで隣で寝ても食い付きなし。

 

 

しまいには

 

スラッガーさんってめちゃくちゃ不細工と言うわけじゃないけどイケメンではないよね」

 

 

と言われる始末ww

 

 

ショックだったので

 

 

「誰がイケメン、イケテル面積や!」と言いました。

 

 

 

 

 

その他、鼻息が荒いとか熱いとかww

 

 

 

 

なんじゃこりゃww

 

 

 

 

 

朝、起きて少しギラつっくも

「付き合ってもないしやりたくない。というかタイプじゃない」

と言われ、付き合ってないとやらないグダを崩しても嫌だと駄々をこねられた。

キスも出来なかった。

 

 

 

 

 

相手が嫌がっているのにギラつている自分が情けなく思えたのでそれ以上ギラつくこともせずバイバイ。

 

 

惨敗だった。

 

 

 

【反省点】

遅刻をして、会った瞬間にぺこぺこしてしまった(正直少しなめられてた)

ご飯を食べている時に恋愛の話やSOXの話がほとんどなかった

その後、ホテルで経験人数等の話をしたら彼氏=経験人数だった。

そもそも会話があまり楽しくなかった

僕への食い付きが悪かった。上げられなかった。

久しぶりに飲んだので酔ってしまった。

 

 

 

【今後の方針】

やはり、自分はまだまだ「くそ」が付くくらいショボ腕である。

だから、凄腕の人たちみたいに「魅力」で女の子をゲットすることはできない。

だから、雰囲気でも、なんでもいいからまずは「ゲット」をするために努力をする。

その為に会話の流れだったりもっと勉強しないといけないと感じた。

 

 

 

久しぶりにアポをしたら自分が全然思うように話せないし、キョドっていることに気が付いた。