抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

2泊3日の静岡 愛知のナンパ旅  【1日目 静岡】

12月20日

20時頃に仕事を終え、新幹線にて静岡へ向かう。

 

21時半に清水駅にて集合し、T君パレスへ。

 

T君はすでにシャンパン、梅酒、トランプ等いつ連れ込んでも良いように準備万端の様子。

家がセパ可能な間取りなので助かる。

 

清水駅の居酒屋で久しぶりの再会の話と、今回の戦略について確認をする。

 

 

24時

清水駅からタクシーにてクラブETTIを目指す。

 

クラブETTI

f:id:Slugger:20131231232623j:plain

約80人を収容可能。静岡では最大のクラブとの事。

朝6時まで営業。

 

 

24時20分

ETTIに入店。

受付の人になぜか席まで誘導され、椅子に座らされる。

周りを見渡してみると、人が少ない。。。(約40人ほどしかいない)

更に踊っている人が一人もいない。

変なダンサーみたいな人がフロアで踊っているのを椅子に座っている人が見ているだけ。

 

T君「どうしたんだろう」

Slugger「聞いてみよう」

 

隣に座っていた人に今日のイベントの確認をしてみた。

今日は26時までイベントがあるとの事。

26時の後は少し踊って、朝の4時からまた同じようなイベントとの事。

 

イベントの名前はいまいち覚えていないが、内容は

「学習発表会のような、ダンスや、勉強してきたラップを発表する会」だった。

 

話した後にしてすぐに、S大学のダンス部らしき人3,4人がフロアに出てきて、ダンスを緊張した面持ちで披露する。

 

そのダンスを見ている数名のお客さんが

 

「OO頑張れ~。OOファイト~」

 

みたいな声を出している。

 

 

 

 

私とT君はとりあえずジントニックで乾杯。

 

T君「ここ、クラブだよな!?」

Slugger「静岡で1番有名なね。。。多分」

 

 

ダンス部のダンス発表が終わった。

 

 

次はバスケットボールを持った男2人と女の子1人が出てきた。

この人たちも緊張した面持ちで、ボールを体の周りでくるくる回している。

それを先ほどダンスしていた人達は応援側に回っている。

 

 

 

26時

バスケットマンたちの発表が終わったら、少しブレイクタイムになり、音楽が流れ始めた。

 

少しずつフロアに人が集まりだしてきたがまばらである。

フロアには15人くらい。ガラガラの状態である。。。。

 

私とT君もフロアに出て踊る。

女の子に話しかけるも2人の案件が無い。

殆ど2人以上できている模様。

 

 

お酒を買おうとカウンターに戻ると大柄の男たちが入店し、VIP席に移動していった。

読売O人のS村と複数の男達だった。

男たちはフロアに来て踊るもすぐにVIPルームへ戻っていった。

戻る最中に話していた言葉が聞こえた。

 

「全然女いねぇ~じゃん」

 

その言葉を言って、VIPルームに戻り、クラブを出て行った。

 

 

T君「Sluggerどうする!?」

Slugger「もう少し様子を見よう」

 

少し踊り、女の子に話しかけ、フロアの中の案件を確認しクラブを出ることを決めた。

 

Slugger「今回は身内の発表会みたいな感じだなww。ストろう。」

T君  「了解」

 

 

 

 

午前3時

クラブを退店し、ストリーとナンパに切り替える事に決めた。

 

 

ストリートナンパを行うも、午前3時の静岡は人がほとんどいない。

コンビの案件はほとんどない。

 

ソロの案件に声を掛けるも、連れ出せず。。。

 

 

 

朝の5時。

 

帰宅を決めた。

 

 

 

 

2泊3日の静岡 愛知のナンパ旅

1日目、坊主。

 

【反省点】

事前にクラブの情報を調べておく。

クラブが駄目だった時の次の方法を考える。