抱いた女の数だけ物語がある

こんにちはSluggerと申します。 平成元年生まれのゆとリーマンです。 社会に揉まれながら一人の社会人として成長し,く過程をブログにしていけたらと考えております。

アポイント3連ちゃん 2発目

こんにちは。

相変わらず、社畜ビジネススクール畜、英会話畜のSLUGGERです。

 

 

先日、アポイントがあったので報告します。 

 

 

【2つ目】

 

・相手

終電にて帰宅した際に電車の前に座っていた子を番ゲ 25歳 

ELTの持田に似ているとの事だったので「もち子」

10点中5点くらい

金髪ショートヘアー

SKEでアパレル関係で接客業をしているとの事

 

 

【当初、私が考えていた準即までの流れ】

 ①20時に集合する。

 ②20時30分に和食ダイニングENにて会食。

 

  落ち着いた雰囲気の2名個室、デートや女性同士でもご利用いただけます。

  (個室で横並びのカップルシート)

 ③和む。

  (今までの彼氏について聞く。)

  (1晩だけの関係はあったかどうかを聞く) 

 ④会話をしているうちに終電を逃し、カラオケ→ホテル(もしくはホテルに直)

  ラブホ ホテル ヴィラ栄店

 

 準即コンプリート!(^^)!

 

という流れを予定しておりました。

 

 

 

 

 

それでは報告します

 

 

 

①20時に集合。

Yさんのブログでは口説きに来た事を正直に伝えた方が良い。

との事だったので口説きに来た事を伝える。http://ysp-np.hatenablog.com/←勝手にリンクすみません。

 

 

Slugger「お疲れ様でーす!今日は口説きに来ました!!」

もち子「お疲れ様。はいはいww」

ん!?これでいいかな?!と思いながらも雑談をしながら移動。

 

*Sluggerは会食会場の駅は知っていたものの、駅の何番出口で出ればいいか分からず少しもたついてしまった。

 

 

 

②会食

 お店に入る

 

 

 

もち子「すごく雰囲気の良いお店だね」

 

Slugger「お、あざーす!!」

 

店員さんにSluggerが予約していた席(カップルシート)に案内してもらう。

 

もち子「ちょっと待って!!何この席!?何か変くない?」

 

Slugger「ん?!そうか?!事前にカップルシートで予約したって言うたやん!ww」

 

もち子「えー!!知らんかった。なんか嫌だ!」 

   「普通の席が良い。。。」

 

Slugger「分かった。じゃあ店員さんに言って変えてもらおうか」

 

もち子「まあ、別にここでも別に良いっちゃ良いけど。。。」

 

カップルシートから半個室に変えてもらう。

(Sluggerのテンション少し落ちる。今思えば強引にでもカップルシートの方がよかったかも。。。)

 

予約していた3時間のコース料理が運ばれてくる。

 

 

 

③和む

 目的は

(今までの彼氏について聞く。)

(1晩だけの関係はあったかどうかを聞く)

 

もち子は今までの彼氏は1人でその彼氏と7年半付き合っていたとの事。

1晩限りは1度か2度あったとの事。本人曰く「まぁいっかな」との事。

これを逃さない手はない!!

 

 

その後も恋愛に関してお互いに話していく。

 

 

もち子「あの時は1晩限りでもまぁいっか。と思えたけど、もう付き合ってない人とやるとかはあり得ない。」

 

Slugger「そうかなー。俺は本当に良いと思った人とはしたいって思っちゃう。その人の事もっと知りたいし。付き合う前に体の相性とかも知りたいしね。体の相性とかも大事だとは思わない?!」

 

もち子「確かに大切だけど、付き合ってない人とやるとかはあり得ない。」

もち子「てかこの話やめよ!!他の話をしよう!」

 

 

話を切られてしまい、どうでも良い話(お互いの仕事の話等)になる。

 

 

時刻は23時。


 

あと15分話し続ければ終電を逃す。→カラオケ→ホテル→準即!!

 

 

 

全力で適トークを繰り広げるSlugger!!

 

 

 

残り10分

 

 

もち子「その話は良いとして、終電まで時間がないよ!!帰らなきゃ!!」

 

Slugger「え。。。僕はもち子ともう少し話したいし、一緒にいたい」

 

もち子「とりあえず、早く電車に乗らないと、さぁ早くいこ!」

 

Slugger「え。。。明日休みでしょ?もう少し飲もうよ。」

 

 

 

 

 

お会計を済まし。タクシーを拾い、終電に乗る。



 

④地元のスナックにて

この居酒屋ではSluggerがナンパをしていることをカミングアウトした。

他にもたくさん女がいてその中でももち子は大切にしている事を伝えた。

 

もち子「Sluggerはもっとまじめな人だと思った。」

   「ほんとに大切にしているなのかなー!?」  ←これってIOI!?

 

Slugger「本当だよ。昔はヤレれば誰でも良いと思った時もあったけど今は違う。」

   「本当に良いと思った人しかヤリたいと思わない。」

 

等の適当を超えた虚偽の話を続ける。

 

お店が終わり、マスターの車でお互いの中間あたりのファミマに到着。

 

 

とりあえず「1杯だけ」とお願いし、

お酒を買ってSluggerの家に向かって歩く。

 

 

 

まさか逆転満塁サヨナラホームラン!? 

 

 

 

期待を胸に、家のドアを開ける。。。

 

 

 

 

 

 

玄関を開けたた瞬間、親が起き、玄関を見る。

 

 

 

もち子、、、逃げる。

 


 

もち子を家まで送り、帰宅する。

 

THE ENDでした。

 

 

2回目のアポ

惨敗。

 

 

 

【考察】

・カップルシートを拒否された際に強引に行くべきだったか?。

・事前にLINEでやり取りしている際に「お泊り」もしくは「オール」するという旨を伝えた方がよかったか?

・ホテル、カラオケ打診はお店を出る前or出た後のどちらが良い?

 

 

 

【次回以降の教訓】

ギラを強めにする

お金をもらえるときは貰う

お店までの道のり、(駅の出口)等をしっかりと調べておく。

 

 

前回とほぼ同じ反省となってしまいました。。。

なかなか女の子にお金を貰うことができません。。。

 

出費・・・居酒屋EN7000円。

     タクシー1000円

     スナック3000円    合計11,000円。

     前回にも増して高い授業料となりました。